不動産ローンとは

| お金 |

不動産ローンというのは、不動産担保ローンの略で担保として不動産を使って借りるローンのことを言います。担保がなくても借り入れが可能なローンもありますが、不動産ローンは担保に不動産が求められます。クレジットカードなどに付帯しているキャッシングなどの機能でローンを受ける場合は、いわゆる信用貸しともいえます。無担保で借り入れをする事になるので、借り入れ金額上限や借り入れ期間が短く設定されています。不動産ローンは、担保に不動産を入れる代わりに、利用上限額が高く、長期間の借り入れができるようになるというものです。不動産ローンの方が貸付条件がいいのは、お金を貸す側から考えれば頷けます。ローンを提供しても返済不能などに陥っても、不動産という担保がある為に貸し倒れというリスクがかなり小さいのです。不動産を所有しており、担保にできるという状況であれば、低金利で長期の融資が期待できる不動産ローンはありがたい存在です。不動産担保ローンは用途が自由なので、いろんな所で使う事ができます。家のローンや車のローン、リフォームローンというと用途が限定されています。不動産ローンならば、何にでも使えます。不動産ローンなら、評価額の高い不動産を担保にすることで、まとまったお金を借りることができます。

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー